地質調査解析は経験豊富なジオサンへ

宅地の自然災害リスク評価

どう生きるか? はどこに住むかにかかってきます。

『豪雨時も地震時も家族みんな自宅に居れば安全!』 それが理想です。

そういった土地選びのお手伝いや、現在お住いの土地のリスクを理解し防災・減災につなげるお手伝い宅地のトラブルのご相談に乗ります。

調査・評価はその土地に利害関係のない、中立・公正の専門家『技術士』が行います。

≪ご案内≫

・特定の土地や物件をお勧めすることはありません。

・あくまでもお客様が選ばれた土地を中立・公正に科学的に評価します。

・お客様の判断のための資料となります。公表はお控えください。

 

主な評価内容

①土砂災害: 土石流、地すべり、がけ崩れ、落石

②地震災害: 揺れやすさ、活断層、地盤の液状化

③地震時の盛土造成地の地すべり

④水害、津波災害

⑤火山災害: 火山灰、火山泥流、火砕流、溶岩流

【台風、竜巻、雷、豪雪、干ばつ、熱波、火災等は対象外】

 

主な評価手法

①公表資料の収集・評価

ハザードマップ、地形図、地質図、土地分類図、論文等有用な公表資料を収集し評価します。

その土地周辺の一般的なリスクの一部がわかります。資料の精度や有無によりばらつきが顕著となります。

 

②地形・地質判読および解析

衛星画像、新旧空中写真・地形図等を詳細に観察しその土地の成り立ちから考察し自然災害リスクを洗い出します。

公表資料の有無に係わらず対象地域のピンポイントのリスクがわかります。特に地震時の盛土造成地の地すべりのリスクについてはここで初めて顕在化します。

 

③現地における目視調査・解析

購入前の宅地であっても周辺道路からの目視調査は可能です。周辺の微地形や露出している地盤・岩盤の状況、擁壁や排水溝の施工状態や変状の有無、周辺の湧水状況や植生等確認し、地形・地質判読結果との整合性やより詳細な評価を行います。

擁壁の健全性や老朽化は現地で確認しないとわかりません。自宅は大丈夫でも隣接する擁壁や通学路や避難路の擁壁に危険なものが隠れている場合が多々あります。できればお客様もご同行頂いて現地で説明致します。

 

④現地調査・計測および解析

ご自宅が危険と判断された場合、危険度合の詳細な把握と対策工検討のために、現地調査・計測を行う場合があります。下記のような調査手法がありますがここではお勧めしません。

・スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)

・ボーリング調査(標準貫入試験)

・表面波探査

  

ご相談の流れ

①お問合せ

メール、お電話で気軽にお問合せください。疑問・問題の解決のための方策やアドバイス、お受けする場合の費用例等ご連絡します。このお問い合わせの段階では一切料金は発生致しません。

お問合せフォームはこちら⇒

②ご相談

メール、お電話、来所にて具体的なお話をお聞かせください。お客様のニーズに寄り添い解決策を提案し、了解頂ければ実施します。

 

③ご説明

ご相談の中で解決策や評価結果をご説明できる場合もあります。また調査・解析を別途行った場合、結果を後日レポートや電話、口頭でご説明致します。

※『ジオサン技術士事務所』は個人事業主です。平日の多くはフィールドに出ており迅速な対応ができない場合もございます。ご了承ください。

 

ご相談例と費用の目安

宅地の地形・地質状況は千差万別でお客様のニーズも多様です。そのため、ご相談ごとに検討内容や作業量が異なり、マニュアルや定価はございません。そのため費用は個所数や面積などではなく費やした時間を基本に算定しております。お問合せの段階でご説明致します。ご来所頂いてのご相談は30分5000円を目安に、調査・解析・とりまとめ等も1時間5000円を目安にお見積りさせて頂いています。

以下、相談例として「購入前の宅地の自然災害リスク評価」をお電話とメールでご依頼頂いた場合の費用の目安を示します。なお、費用は事前にお知らせし、後に追加費用が必要になるような場合には、その内容や費用を明示し、納得が得られた場合のみに追加作業を行います。

●宅地の自然災害リスク評価〔簡易評価〕

①公表資料の収集と評価 による

【資料のとりまとめ、簡易評価表・コメント付き】

費用:1件 20,000円(税別)

 

●宅地の自然災害リスク評価〔机上解析〕

①公表資料の収集・評価 + ②地形・地質判読および解析 による

【自然災害リスク評価レポート〔机上解析〕】

費用:1件 40,000円~(税別)

 

●宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕

①公表資料の収集・評価 + ②地形・地質判読および解析 + ③現地における目視調査・解析による

【自然災害リスク評価レポート〔現地確認〕】

費用:1件 80,000円~(税別)

※別途交通費・出張費をご負担いただきます。ご了承ください。

(現地作業は移動も含めて1日を予定しています。そのため時間の許す限りご相談に応じます)

 

≪利用の留意点≫

評価結果やレポートの内容については責任を負いますが、このレポート等を利用したことにより発生した、利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害について、その損害が直接的又は間接的かを問わず、一切の責任を負いません。

依頼者からのご感想

『宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕』を依頼されたAさんBさんから、ご感想を頂きました。

公開の了承を得たのでご案内させて頂きます。

購入候補地の『宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕』を依頼されたAさんのご感想。

私は、生駒市で住宅の建築を考えており、市域の急峻な地形の特殊性から、ハザードマップを片手に選定を行っていました。
学生時代に土木工学を学び、現在も土木関係の仕事をしています。実際に物件周辺を調査しましたが、奈良県の指定した、土砂災害警戒区域の範囲に疑問を感じ、相談できる方を探していました。
地質の判定結果を前提に、建築や土木工学は設計、工事を行いますが、その前提の知見は専門外で有しておらず、悩んでいました。
そのような時に、偶然、ホームページを通じて、西村さんに出会いました。
実際に航空写真判読や既存資料から、机上調査結果の説明を受け、現地を一緒にフィールドワークしていだきました。
候補物件の内1つが県の土砂災害警戒区域に入ってないものの微地形を考慮すると土石流災害の危険性が大変高いとのこと。
もう一つの物件は警戒区域に近いもののこれこれの理由から大丈夫ですよとコメントをいただいた時は、嬉しかったです。
不動産会社の資料や説明では、地層の状況までは、専門知識がないと判定できないと思います。また、不動産業者はその知見を有していません。
住宅は高価な買い物です。また、大切な家族が、長い間居住することになります。
私は、相談をして、安心して物件の契約に進めました。
最後になりますが、西村さんは、平易な言葉で説明をしていただき、人柄も温和な方です。きっと、依頼者の相談に親身に応えてくれると思います。

 

現在お住いの『宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕』を依頼されたBさんのご感想。

小さなこどもがいる我が家で防災対策を立てるために市のハザードマップなどを確認すると、もともと丘陵地ということもあり、土砂災害や水害、津波災害などは起きる確率が低そうということがわかりました。

しかし、一番不安なのは発生が現実味を帯びている大地震です。いろいろと調べているうちに西村さんが生駒市民を対象に講演を行なった記録(http://geosanpe.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/577f681662915d3c18e929d93d189be9.pdf)を読み、地震に関しては、「宅地が切土で造成されたのか盛土で造成されたのか」が、被害の大きさに大きな影響を与えることを知りました。

我が家の宅地はどうなのか。購入前に不動産屋に聞いては見たものの、かなりいい加減な返事であったことを思い出しました。すでに家を建てて数年を経過している宅地なので、「きちんと調べた結果が盛土造成だったとわかったらどうしよう」という思いもよぎりましたが、適正な対策を考えるためにはまず、現実を直視する必要があると考えました。

すぐに西村さんに連絡を取り、宅地の評価をお願いしました。

西村さんは国内のみならず、海外までを調査の対象として非常に多忙な日々を過ごしておられるようでしたが、当方の宅地評価に対して机上調査で一定の結論を得たうえで、これを検証するために宅地周辺の擁壁の状態、排水の量、道路の陥没状況などを現地調査してくださいました。さらに説明の当日は、宅地の地面を掘り、判断の最終確認をされました。

資料による推計+フィールドワークによる緻密な実証という科学的な手法により明確な評価をされ、現場の写真を含む多くの資料により、その根拠をたいへん解りやすく私たちに説明してくださいました。

結果がどうあろうと私たちはそれを受け入れる覚悟をしていましたが、私たちの宅地は「切土造成である」という結果でした。幸いなことに地盤も良好で、土砂災害等の発生リスクもかなり低いという評価となりました。

この結果を聞いて私たちは本当に安心しました。もちろん災害発生のリスクは依然としてあります。周辺に危険な個所もあることが分かり、西村さんのアドバイスを参考に今後も減災に取り組んでいきます。

西村さんは国の制度がまだ未成熟であることも熱っぽく語られました。このような状況では、自分の家族は自分自身で守っていくしかありません。我が国では大地震は中期的には必ず発生します。そして他の災害と違って、地震は各家レベルで減災対策が実行できます。何をなすべきかを考える上で、『宅地の自然災害リスク評価』を行なって良かったと思いました。

 

 

 

PAGETOP
Copyright © ジオサン技術士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.