生駒駅北側、松ヶ丘通りの擁壁崩壊にご注意ください!

ジオサン技術士事務所

080-2545-7924

〒630-0244 生駒市東松ヶ丘4-46 B201

営業時間 / 9:00~20:00 定休日 / 不定休

生駒駅北側、松ヶ丘通りの擁壁崩壊にご注意ください!

2019/07/16 生駒駅北側、松ヶ丘通りの擁壁崩壊にご注意ください!

生駒駅の北側、松ヶ丘通りに非常に危険な擁壁を発見したのでお知らせします。

昨日(7/14)、久しぶりに明るい時間にここ(写真参照)を通ると、空石積擁壁(石を積み上げただけの擁壁)が背後の盛土の押し出しにより、極度に開口・変形していることが目に留まりました。以前から変状の多い危険な擁壁でしたが、ここまで変状が進行していなかったと思います。

バールでこじれば容易に崩壊すような状態です。イメージとしては震度4程度の地震や、50mm/h程度の雨が続くと崩壊しそうな状態です。

人家の裏山であれば注意してくださいね!で済みそうですが、ここは市内でも最も人通りの多い道路の一つです。その上、この危険な石積み擁壁はコンクリート擁壁の上に継ぎ足したものであり、崩壊すると人を上方から直接襲います。

その時は所要で時間が取れなかったので、東松ヶ丘自主防災会会長を直接訪ね、現地で状況を説明し、市役所に至急報告するようにお願いしました。もし市がすぐに対応しなければ人命に係わることなので警察に連絡するようにと。

休日にも関わらず市の担当者が確認に来て下さったそうで良かったです。

私は今日(7/15)からしばらく福井へ出張ですので、早朝に現場を訪れ、10分ほど周辺を調査し写真を撮影しました。懸念していたのは、図-6のように斜面全体が地すべりのように動き出していないかということです。斜面を歩きましたがとりあえず地割れ等新しい変状はなく、変状が特に進行しているのは写真2,3の範囲だけのようでした(先ほどGoogle Mapのストリートビューで見て、昨年の10月の時点よりも変状が進行していることが確認できました)。

とりあえず写真2,3の範囲については市の方で何か対応されると思います(通行規制?)。しかし、斜面全体がはらみ出しているのは確かであり、抜本的な対応が望まれます。現場は民地であり対応が難しいとは思いますが、この梅雨や台風等の豪雨で不安定な擁壁が崩壊する可能性は高いと思われます。

市民の皆さんも注意して頂き、反対側の歩道を通る等自主防災してください(特にお子さんや高齢者)。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ジオサン技術士事務所

【住所】
〒630-0244 生駒市東松ヶ丘4-46 B201

【電話番号】
080-2545-7924

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP