ジオサン技術士事務所で宅地への自然災害リスクを調査

ジオサン技術士事務所

080-2545-7924

〒630-0244 生駒市東松ヶ丘4-46 B201

営業時間 / 9:00~20:00 定休日 / 不定休

宅地の自然災害リスクの調査ならジオサン技術士事務所にお任せ

安心して暮らすために

安心して暮らすために

 昨今、豪雨や地震に伴う住宅災害の報道が多くあり、自然災害リスクへの関心が高まってきています。それでは自宅やこれから購入しようとする宅地の自然災害リスクはどうやって調べれば良いのでしょうか?

 自治体などが公表しているハザードマップは有効です。ただしこれは広域的な目安にすぎません。実際は隣接しあう住宅でも11件の建物ごとに自然災害における災害リスクは異なるケースも多く、地震時の宅地リスクなどはその表記すらありません。

 売主の不動産屋やディベロッパーに聞いてもその専門的知識を有している場合は殆どなく、期待する答えは返ってこないでしょう。地盤調査会社に依頼すれば機械を使って地盤の強度を調べ地盤改良工事が必要かどうか判断してくれますが、土砂災害などは専門外だと思います。自然災害リスクを評価できる専門家は大学の研究室や建設コンサルタント会社の内部(企業内技術士)にはいますが、個人の依頼を受けてくれるところは少ないと思います。

 ジオサン技術士事務所ではこれまで実施した自然災害の調査・研究の実績を生かし、個人の宅地の自然災害リスクを科学的に評価致します。調査・評価はその土地に利害関係のない、中立・公正の専門家『技術士』が行います。

『豪雨時も地震時も家族みんな自宅に居れば安全!』 それが理想です。

 そういった土地選びのお手伝いや、現在お住いの土地のリスクを理解し防災・減災につなげるお手伝い、宅地のトラブルのご相談に乗ります。

  

≪ご案内≫

・特定の土地や物件をお勧めすることはありません。

・あくまでもお客様が選ばれた土地を中立・公正に科学的に評価します。

・お客様の判断のための資料となります。公表はお控えください。

マンガで解説!

マンガで解説!

「宅地の自然災害リスク評価」をご利用いただいたお客様からの声

購入候補地の『宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕』を依頼されたAさんのご感想

平原

私は、生駒市で住宅の建築を考えており、市域の急峻な地形の特殊性から、ハザードマップを片手に選定を行っていました。
学生時代に土木工学を学び、現在も土木関係の仕事をしています。実際に物件周辺を調査しましたが、奈良県の指定した、土砂災害警戒区域の範囲に疑問を感じ、相談できる方を探していました。
地質の判定結果を前提に、建築や土木工学は設計、工事を行いますが、その前提の知見は専門外で有しておらず、悩んでいました。
そのような時に、偶然、ホームページを通じて、西村さんに出会いました。

現在お住いの『宅地の自然災害リスク評価〔現地確認〕』を依頼されたBさんのご感想

ikomayama

小さなこどもがいる我が家で防災対策を立てるために市のハザードマップなどを確認すると、もともと丘陵地ということもあり、土砂災害や水害、津波災害などは起きる確率が低そうということがわかりました。

しかし、一番不安なのは発生が現実味を帯びている大地震です。いろいろと調べているうちに西村さんが生駒市民を対象に講演を行なった記録を読み、地震に関しては、「宅地が切土で造成されたのか盛土で造成されたのか」が、被害の大きさに大きな影響を与えることを知りました。

身近に存在する主な自然災害リスク

土石流や斜面崩壊等の土砂災害

w1

川の氾濫等の水害

q6

地震による家屋や擁壁の倒壊

q3

地震による地盤の液状化現象

w2

地震時の盛土造成地の地すべり

q7

津波・高潮災害

q4

火山灰、火山泥流等の火山災害

q5

分かりやすい解説とアドバイスをお届け

お客様の身になって

ジオサン技術士事務所は、応用理学部門の技術士である西村貢一が代表を務める事務所です。

気さくで柔らかい物腰と豊富な知識と経験をもつジオロジスト(地質学者)という敬意を込め「ジオさん」という愛称で親しんで頂いております。

調査内容や評価結果も一般の方に分かりやすいように専門用語をできるだけ使わず、ボランティアで行っている出前授業や市民講座のように身振り手振りを交えて説明いたします。

相談して頂きやすいアットホームな雰囲気でお待ちしておりますので、ご気軽にまずはお問い合わせください。

蝶

中立・公正であること

GEO_9469

技術士倫理に則り

相次ぐ宅地の自然災害の中には『人災』と言えるものも見受けられます。ただ売主である不動産屋の多くには悪意はないものと思います。しかし彼らは宅地の災害リスクや地盤情報をなかなか知ろうとはしません。理由は簡単です。もしそれを知った場合買主に説明しないと瑕疵に問われることがあるからです。彼らにとって知らないことが一番のリスク回避なのです。

技術士には公益確保の責務が法律によって定められています。そのため技術士は、公衆の利益を優先し真実性を確保しながら公正かつ誠実な履行を行わなければならないのです。どうぞご安心してお依頼ください。

後悔しないために

aD75_4698 (2)

被災者の声

災害現場で調査を行っていると、多くの被災者から生の声を聞くことができます。その中に「こんな土地だと知っていたら住まなかったのに・・・」と言う声がよくあります。被災者にとって思いもよらない災害だったのでしょう。しかし我々専門家から見ればその多くは起こるべくして起こった災害なのです。土石流などは一般の方でも見方が分かればある程度その危険性は分かります。しかし地震時の盛土造成地の地すべりの危険性などは、そこに住んでいても感じることはまずありません。完全な不意打ちとなります。実際にこんなにも多くの被害が発生しているのにその認知度は殆どありません。防災講演や市民講座、自主防災会等でその危険性を説明すると、初めて知ったという方が殆どです。我々専門家にもその責任の一端があると思います。

また一方で、「自宅のリスクを知るのが怖い」「知らない方が安心」という方もおられます。怖い気持ちは分かりますが、リスクを知ればゼロにはできませんが必ずリスクを削減することはできます。寝る場所を変えるだけでも大きな効果を得ることができる場合もあります。

勇気を出して自然災害のリスクを知り、できる対策を一緒に考え、家族のために自分のために少しでも安心・安全な生活を手に入れようではありませんか。

会社情報

ジオサン技術士事務所

代表者名
西村貢一
住所
〒630-0244 奈良県生駒市東松ケ丘4−46
電話番号
080-2545-7924
FAX番号
0742-90-1124
営業時間
9:00~20:00
定休日
不定休

CONTACT US

〒630-0244 生駒市東松ヶ丘4-46 B201
営業時間 / 9:00~20:00 定休日 / 不定休

奈良の信頼あるジオサン技術士事務所

GEO_4880

ジオサン技術士事務所は、応用理学部門の技術士である西村貢一が代表を務める技術士事務所です。主に大学・研究所・コンサルタント会社などから依頼を受け、地質に係わる調査・解析およびコンサルティングを行っております。斜面災害や活断層調査等経験と実績が豊富で、国内外問わず多数のご依頼を承っております。

また、個人を相手に宅地の自然災害のリスクの調査を2015年から開始しました。日本では非常に珍しい存在としてメディアでも取り上げられ、学会でも話題になりました。ご依頼主からは「ほんとに出会えて調査を依頼して良かった。これで安心して暮らせます。」と喜びの声を頂いております。また、防災に関する講演や防災教育、ジオパーク、学術研究等多岐にわたる事業に携わっております。

TOP